013_3.jpg

染 め 

一日、300mmの創造

熟練の織子さんでも一日30cmが限界

それは、時間が凝縮された芸術品

機音をBGMに紬が織られます

工房は、宮崎県都城市の高台にあるギャラリーの敷地内にございます。霧島山の美しい景観が見えるところで織物を製作しております。

三百坪のギャラリー敷地の一角にある製作工房。常時10人前後の織子さん達が「大島紬・夏大島・薩摩絣」を手織りしております。

基本理念は「誠実なモノづくり、独自の製品づくり」です。熟練の織子さん達が作る緻密な絣物の高級品からカジュアルな洒落絣等を展示販売。

大島紬

- Oshima Tsumugi - 

 大島紬は、絹100%。織る前に糸を先に染め、手織りの平織りで絣(かすり)合わせをして織上げたもので「経済産業省指定伝統的工芸品」に指定されています。緻密な染めと織りの技術で知られる日本が誇る絹織物の最高峰のひとつである。フランスの「ゴブラン織」、イランの「ペルシャ絨毯」と並び世界三大織物に数えられる。30以上もの工程を経て生み出されるこの生地は、ひとつ作り上げるのに半年から1年もの時間を要します。美しい図柄、カラスの濡羽色にも例えられる深い艶、しなやかな肌触り、軽やかな着心地が魅力です。さらには、150年〜200年は着られる丈夫な織物と言われ、親子三代に渡って受け継がれ世代を超えて愛用されております。
 東郷織物では伝統技術を厳密に守りながら製作しております。精緻な数々の絣の組み合わせと、梅椎、黄ハダ、藍などの草木染により様々な模様が生み出されます。「古典柄」や「自然の草花」をモチーフに展開された模様。また、近年は永江明夫のデザインによるモダンな抽象柄も製作しております。明治16年に永江伊栄温によって能率の高い長機が開発されさらに明治34年には手括りによる絣作りから締機による絣作りを発明して飛躍的に生産を伸ばし全国に広く販売できるようになりました。

薩摩絣

- Satsuma Kasuri - 

 薩摩絣(さつまかすり)は、日本における綿織物の中で最高の格をもつもの。かつては、東京・上野公園の西郷隆盛の銅像に見られる井桁文様の薩摩絣に代表されるように、琉球絣の流れをくむ素朴なものでしたが、現在はその面影をまったく残しておらず、むしろ大島紬の気分を木綿で味わえるというお洒落着として作られています。そのため、大島紬や結城紬の着物を着尽くした人が最後に求めるものといわれるほどの贅沢さと品格を持ち、最高の綿織物として精緻をこらしています。
 昨今、薩摩絣を作っている東郷織物は、締機の工法を完成させた永江伊栄温の三代目に当る東郷治秋氏が、薩摩絣を復活させ始めたものです。東郷氏は紬の研究を熱心に続け、大島紬などを手がけた後、昔の薩摩絣以上のものをと考え、大島紬の精巧な技法を駆使して薩摩絣を作り上げました。その後、四代目として娘婿の永江明夫氏が継ぎ、高度成長時代、科学万能時代にも一環した姿勢を崩さず忠実に技法を守ってきました。

 東郷織物の薩摩絣は、武者小路実篤が来訪した時に感銘をうけて書いた色紙の言葉である「薩摩絣 手織絣 誠実無比」を商標として使っています。まさにその言葉通りの薩摩絣を忠実に作っています。

夏大島

- Natsu Oshima - 

 東郷織物の夏大島は、強撚(きょうねん)した上質の絹糸を原料に独自のシャリ感とモダンなデザインを、手締めによる亀甲絣を中心に精緻な絣で表現した夏大島の最高峰です。戦後すぐから製作に着手、50年以上にわたって涼やかさや着心地の爽やかさを追求。強撚糸の絹糸を素材にした薄物の大島紬で独特のシャリ感と透け感がとても心地よい着物です。製品の質の安定を期すため夏大島専門の織子さんを育成し、2ヶ月ほどかけて丹精に織り上げます。シャレ味のあるものは希少性が高く市場ではなかなか見受けられません。
 お召しになる時期としては5月〜9月頃までをお薦めします。一度身につけたら忘れられない感触の最高級の織物です。

本社屋とギャラリー

本社は都城市街の歴史感じる参道裏

ギャラリーと手織工房は

都城を見下ろす高台にあります

​​

会社名

株式会社東郷織物

設立

昭和25年

代表者

谷口 邦彦

従業員数

48人

所在地

〒885-0031 宮崎県都城市天神町3-6

電話番号

0986-22-1895(代表)

FAX

0986-22-4289

営業時間

9:00〜17:00

定休日

土・日・祝日

事業内容

着物・織物製造・販売

※商品についての解説や工場見学を承っております。 詳しくはお電話もしくは当サイト問い合わせをご利用ください。

店名

NA.ギャラリー

代表者

谷口 邦彦

施設内容

展示室・ショップ・手織工房

所在地

〒885-0081 宮崎県都城市鷹尾町4-15-4

電話番号

0986-21-3153(代表)

FAX

0986-26-6146

営業時間

9:00〜17:00

定休日

日曜日 その他不定休

事業内容

着物・織物製造・販売

※商品についての解説や工場見学を承っております。 詳しくはお電話もしくは当サイト問い合わせをご利用ください。

株式会社 東郷織物

〒885-0031

宮崎県都城市天神町3-6

tel.0986-22-1895

fax.0986-22-4289

mail : togo-36@plum.ocn.ne.jp

MAP→

N.A.ギャラリー

〒885-0081

宮崎県都城市鷹尾4-15-4

tel.0986-21-3153

fax.0986-26-6146

mail : info@togo-orimono.com

MAP→

  • Facebook
  • Instagram

© 2020 株式会社東郷織物 All Rights Reserved.